ENTRANCE / ENGLISH WEB / SITEMAP


 1944年 
オーディオボリュームコントローラーの製造開始
〜東京光音電波製アッテネータとボリュームコントローラーの製造の始まり〜


日本放送協会 (NHK) の BTS (Broadcasting TechnicalStanderd) 規格に準じた、
回転式減衰器 (Bタイプ、Cタイプ等) の製造を開始いたしました。
1960年 
SA Series の製造開始
〜回転式から直線式に〜


直線式へのニーズから、アッテネータを直線型へ
また、回転式のアッテネータをベルト駆動のよって直線動作になど様々な
アプローチで直線式アッテネータを開発。後のフェーダへの発展の基礎となった。
1979年 
コンダクティブプラスティックの開始
〜東京光音電波製オリジナルフェーダの始まり〜


コンダクティブ・プラスティック技術を開発。
技術を応用してフェーダの製造を開始。
光沢のある滑らかな抵抗面により、耐久性の向上とスムースなフィーリングを
実現しました。
1992年 
モーターフェーダの製造開始
〜ミキサーのオートメーション化への対応〜


フェーダにモーターを取り付け、オート制御に対応した。
使用するモーターはフィーリングの良いコアレスや、安価のDCモーターを
採用しラインアップ。
駆動伝達にベルト方式やワイヤー方式などを取り入れた。
2000年 
DJ Mixer 用フェーダの製造開始
〜フェーダの新市場〜


今までにない、過酷な使用環境に対応したフェーダーの開発。
DJ のプレイスタイルに合わせたフィーリング、軽さ、頑丈さ、低価格を研究し
東京光音電波オリジナルフェーダを開発。